SEO対策ってどういうもの?

簡単に検索結果上位を狙えなくなった

1990年代から2000年代初頭まではブログや簡単操作のCMSが存在しなかったため、ネット上に存在するwebページは今と比べてはるかに少数でした。そのため、Webページを作れば特に工夫しなくても有名サーチエンジンの順位上位が簡単に狙えたところがあります。しかし、2000年代半ばに日記CMSのブログが登場して誰でも簡単にWebページを作れるようになり、一気にネット上のWebページの数が増えました。さらに、簡単に操作できる本格的なCMSもどんどん登場して使用料金も低下しているため、Webページの数はとめどなく増加し続けています。そして、昔とは違って簡単には人気キーワードでサーチエンジン上位を狙う事は出来なくなりました。そのため、サイト経営者達はサーチエンジン上位を狙う上で様々な努力・工夫が必要になっています。

SEO対策の実例と近年の状況

サーチエンジン上位を狙う上で欠かせなくなっているのがSEO対策になります。これはページのタグ構成などを改善してサーチエンジン上位を狙うという、無料ですぐに出来る効率の良い作業です。具体的にはTITLEタグに最適なキーワードを挿入する、見出しタグを最適化させる、といったものが主な作業になります。また同じページ内に特定のキーワードが多く登場しすぎるとペナルティを受ける恐れがあるため、特定のキーワードが多すぎる場合は文字を削る必要も出てきます。ただしサーチエンジンロボットは年々進化しており、タグ改善等だけでは上位表示が難しくなってきました。では今の時代においては何が大事かというとコンテンツの付加価値で、ロボットはユーザの滞在時間が長いページ・ドメインを高く評価します。サイト内に滞在時間が長いハイパフォーマンスのページが多いほど中長期的には順位が上がるため、各ページの内容強化も大事です。