ページ自体はツールを使えば簡単に作れる!

昔はWebページを作るのが大変だった

今の時代と違い、1990年代から2000年代初頭まではブログや簡単操作系のCMSがなかったため、webページを作るのは大変だったところがあります。例えば、HTML・CSSに関する知識やホームページにフォーム・掲示板等を設置するためのCGIに関する基礎知識など覚えないといけない事が沢山ありました。しかし、ブログが登場したことにより日記的なページならすぐ作れるようになったほか、誰でも操作できるCMSの登場でページ作りを簡単に出来る時代が到来しています。インストール型のCMSに関しては今でもやや導入が大変ながら、具体的にはクラウド型CMSを導入すればHTMLやCSSの知識がなくてもページが作る事が可能です。またCGIに関する知識がなくてもCMSの機能の範囲内で問い合わせフォームを簡単に設置する事まで出来てしまいます。

高度なページ作りには様々な知識も必要

ただし、HTMLやCSSの知識がまったくない場合やほとんどない場合だと、作れるページのクオリティには限界があります。また、SEO面でも不利になるため、現代においてはSEO領域を含めたHTMLに関する知識を完全にマスターする事が重要です。そして、文字や背景の装飾やサイズ変更などを行う上でCSS(スタイルシート)に関する知識を高めると、かなりハイクオリティなホームページを作る事が出来ます。ページで使う画像素材に関しては無料で利用可能な素材配布サイトを利用すれば、ある程度良い素材も見つける事が可能です。しかし、オリジナリティ溢れる画像パーツを使いたい場合は、参考書を見ながら高度なグラフィック系ソフトを使いこなせる能力を身につける必要があると言えます。